関西のデートスポットを中心に情報をまとめていきます!
Show MenuHide Menu

実質賃金に関する経済ニュース

2015年6月22日

実質賃金は20ヶ月以上も下がり続けたが、ようやく今年の4月に僅かながら上がったというニュースがありました。しかし、実質的にはパートなどの非正規社員の人を含めた場合に、実質賃金は僅かに下がっていると言う結果が出ました。経済の好調さで賃金は上昇をする場合もあって、今期の夏のボーナスは上がるというニュースもありますが、全体の国民の観点から言えば、物価高を加味してバブル期のように生活は楽になっているとは決しえ言えないです。

1980年後半のバブル期を過ぎて、日本は20年以上にも渡って長期的に見ればデフレの状態に陥っていました。最近は大企業を中心に経済の持ち直しに関するニュースが全面的に出ていますが、実際には中小企業を中心に経済に関して持ち直しているとは言えないです。

日本は昔から内需で経済の成長を成し遂げてきたが、実質賃金を上げるためには、外国の人から製品を買ってもらう外需の部分もこれからの時代に重要であると言えます。最近では中国などの国から訪れる観光客が、日本の国内の製品を買っているニュースも見掛けました。外国の人が高くて品質の良い商品を購入してもらって、お金を国内に循環させながら実質賃金を上げていく事に期待します。即日キャッシング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です